読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金について本気出して考えてみた

お金の本質を学びたい。

お金って生きていくのにどの程度必要なのだろうか

考え方

お金って、生きていくのにどの程度必要なんでしょうか?

不自由なく生きるためには数千万では少なすぎますね。
では億単位ならどうでしょうか?

その辺りを自分なりに考えてみました。

今後の人生でかかるお金を試算

f:id:hikkykyon:20170207170636p:plain:w450

条件
・生涯独身
・支出20万円/月
・現在25歳
・85歳まで生きる(人生残り60年)

支出:20万円/月×12ヶ月=240万円/年
  →240万円/年×60年=1億4400万円/60年

月の支出20万円なら1億4400万円でOK

1億4400万円あれば、月20万円の支出が許容できる生活を生涯出来るようです。

では私が今何らかの形で1億4400万円手に入れたとしたら、月20万円の支出が出来る生活を送れるかと言ったらノーだと思います。
億単位のお金を手に入れる方法でパッと思いついたのが宝くじなんですが、これに当選して今の私が1億4400万円を手に入れたらどうなるんでしょうか?

宝くじで高額当選したらどうなるのか?

高額当選者は悲惨な末路を辿る方が多い

宝くじ高額当選者のその後の悲惨な人生

高額当選者は悲惨な末路を辿る方が多いようです。
もちろんそうでない方もいるのでしょうが、高額当選者のみに配布されるその後の行動指針が書かれた書籍があるほどなので、当選から人生を崩してしまう人は実際に多いのでしょう。

宝くじ高額当選者に配布される書籍に書かれていること

f:id:hikkykyon:20170215152156p:plain:w450

この本には「お金に対する考え方」や「お金の使い方」が中心に書かれているようです。
(詳細はこちら)

これが配られるということはつまり、「お金に対する考え方」や「お金の使い方」を心得ないで大金を手にすると先ほど例に挙げた高額当選者のように悲惨な末路を辿る可能性が高いということなんでしょう。
残念ながら現在の私はそれらを心得ていませんので、きっと1億4400万円が今手に入ってもその先にあるのは「働かない自由な手に入れて優雅な生活」ではなく「悲惨な末路」でしょう。

大切なのは量ではなく「考え方」と「使い方」

f:id:hikkykyon:20170215163721p:plain:w450

そう考えると、生きていくのに必要なのはお金の単純な「量」ではないのかもしれませんね。
むしろ「考え方」と「使い方」という地盤がしっかり固まっているのであれば、量はあまり関係ないのかもしれません。

量を求める人生はお金に縛られているだけ?

というか量を求める人生は、その大小に関わらず、お金に縛られているだけという気すらしてきました。
これからは「考え方」や「使い方」を中心に学び、その先にあるものを知っていけたらと思います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...