読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金について本気出して考えてみた

お金の本質を学びたい。

【友人間のお金の貸し借り】7万円も貸したのに1円も返ってこなかった話

借金

f:id:hikkykyon:20170220190236p:plain:w450

友人間でのお金の貸し借りについての注意点などを私の体験談を交えながらまとめてみました。
最初に言っておきますが、友人間のお金の貸し借りで借用書を作っていない場合は、泣き寝入りの可能性が高いです。
しかし催促時の法律面からみる注意点や借用書を書く際に必要なものなどをまとめてあるので、読んで無駄にはならないはずです。

それでは私の体験談から、まずはご覧ください。

友人間のお金の貸し借りはしない方がよい

【私の体験談】7万円貸したのに1円も返ってこなかった話

私は大学生の頃の友人に合計7万円強のお金を数年に渡って貸しています。
少しずつでも返してほしいと譲歩しつつ、返金を要求したことは何度もありますが、今現在返金されたお金は0円です。
向こうから返す素振りを見せたことは一度たりともありません。

しかし私が遠くに引っ越してしまったため、以前のように取り立てもなかなか出来ません。
仮に返してもらいに会いに行ったとしても、その日に友人にお金を持っていないと言われたら旅費だけが無駄になってしまいます。
そもそも貸した側がなぜ足を運ばないといけないのでしょうか。

銀行振込などの方法もありますが、相手は自発的に返金を一度もしなかった程度の人間です。
こちらから銀行振込を提案したところで、お金が振り込まれることはないでしょう。

ネットで調べる限りでは、このような友人間のケースは泣き寝入りするしかないという回答がほとんどです。

泣き寝入りする理由

http://www.ahtm.biz/images/w_hand_up_01/w_hand_up_01_bk.gif

口約束は証明が難しい

金融機関などで正式にお金を借りる場合は、その旨を書面に起こします。
この書面がお金を借りたことの何よりの証明になります。

しかし友人間のお金の貸し借りの多くは、口約束でしょう。
こちらは書面での記録がないため、友人が借りていないと言ってしまえば終わりなのです。

友人親は連帯保証人になっていない限り、無関係

本人を飛び越えて、親に返金を要求するということは、誰しも考え付くところでしょう。
しかしこれは本人の問題で、親が連帯保証人になっているわけでもないので、返金をさせるのは難しいのです。

しつこい催促は恐喝罪に当たる場合も

あまりしつこく催促をすると、逆にこちらが恐喝罪として訴えられてしまうので注意が必要です。

泣き寝入りしないためには

http://www.ahtm.biz/images/oh_no_man_01/oh_no_man_01_g_bl.jpg

そもそもお金の貸し借りをしない

そもそもな話なんですが、親しい間柄でお金の貸し借りをしないようにしましょう。
貸したお金は返ってこない前提で渡すのが一番良いでしょう。

それでも貸す場合は必ず借用書を!

友人間で借用書を書いてもらうのは難しいでしょうが、これを書いてもらえば裁判を起こした際に勝てる可能性がグンと上がります。
これを渋る友人にお金を貸すのは絶対にやめましょう。

借用書に記載する項目

金額、署名、印鑑(母音でもOK)
基本はこの3点です。
可能であれば、返済予定日も記載しましょう。

【私の感想】7万円貸したのに1円も返ってこなかった話

http://peoples-free.com/material/021.png

お金を貸して得たものは「その場限りの自己満足」と「ほんの少しの法律知識」だけ

私は頼られることが嫌いではないし、むしろ好きな方です。
友人に頼られて気分が良かったのでしょう。
頼られていることに自己陶酔していたのでしょう。
日々得られない満足感や充実感を味わった気がします。

しかしお金は1円たりとも返ってこず。

調べれば調べるほど、返金は諦めるしかないという現実が目の前に。
そのときに「度が過ぎる催促は恐喝罪に当たる可能性がある」という法律知識を得ました。

その場限りの自己満足とググればすぐ分かる法律知識のために7万円強ですか。
高い勉強代になりました。

ずっと残る苛立ちと自己嫌悪と人間不信

数年に渡って催促しても返してくれなかった友人です。
催促が来た時だけ気分が悪くなるだけで、きっと返す気はさらさらないのでしょう。
しかし私は催促時以外も割と何回も苛立ちがあります。

それに加えて、お金を貸すことで人望を買っていただけという現実が分かって自分が嫌になります。
友人ならお金を催促しなくても?お金お金ってお金に一番汚いのは自分ではないだろうか、などと考えたりもします。
そして友人は返してくれると思っていたのですが返してくれず、自分の人を見る目のなさに絶望し、人間不信になりつつあります。

しかし今こそお金について学ぶとき

http://free-illustrations-ls01.gatag.net/images/lgi01a201310260400.jpg

ここでめそめそしていて人間不信だなんだと言って需要があるのは、可愛い女子高生だけですね。
なんやかんや借金のことを学んだり、少しでも法律の知識を付けたりするのは面白いですし。

これからどんな学びをしていったら良いのかはまだ分かりませんが、ポジティブに捉えましょう!
私にいろんなお金の知識があったら、私がお金を貸す以外の方法も即時に提案できたはずですしね。

友人間のお金の貸し借りに困っている方は、ポジティブに捉えてこれからお金について学んでいきましょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...